LaBee Framework
ドキュメントトップに戻る
カスタムタグ

LaBee:textbox LaBee:password LaBee:textarea LaBee:selectbox LaBee:checkbox
LaBee:radio LaBee:submitButton LaBee:getURL LaBee:postSubmit LaBee:postMultiPartSubmit
LaBee:ajaxSubmit LaBee:jspLink LaBee:showPopupWindow LaBee:message LaBee:label
LaBee:inputErrMsg LaBee:header
LaBee:textbox
HTMLのテキストボックスを生成するカスタムタグ。ビーンのパラメータ入力チェックエラー機能に対応し
入力エラーの場合は枠線が赤く表示される等の機能を持つ。
パラメータ名 論理名 必須 概要 設定例
name テキストボックス名 HTMLテキストボックスのnameと同等 任意値
value テキストボックス値 HTMLテキストボックスのvalueと同等 任意値
objId オブジェクトID HTMLテキストボックスのidと同等 任意値
size テキストボックスサイズ HTMLテキストボックスのsizeと同等 任意値
maxlength 最大入力数 HTMLテキストボックスのmaxlengthと同等 任意値
styleClass スタイルシートクラス テキストボックスに適用するスタイルシートクラスを設定する。半角空白を挟み複数記載可。 任意値
style スタイルシート直接設定 HTMLテキストボックスのstyleに指定する値と同等 任意値
readOnly 表示オンリー TMLテキストボックスのreadOnlyと同等 readOnly
tabIndex タブインデックス HTMLテキストボックスのtabIndexと同等 任意値
autoComp オートコンプ テキストボックスに過去に入力した値のバッファ選択の有効・無効のフラグ。true=有効、false=無効 true
nullValue null時の値 テキストボックスのvalue値がnullの際に表示する値。デフォルトで空文字が設定。 任意値
imeMode 入力IMEモード 入力IMEモードの有効・無効フラグ。disabledの場合は半角入力 disabled
desabled 非活性 テキストボックスの非活性フラグ。true=非活性 true
onClick オンクリック テキストボックスをクリックした際に実行するJavaScriptメソッドを設定する 任意値
onKeydown オンキーダウン テキストボックス上でキーを押した際に実行するJavaScriptメソッドを設定する 任意値
onKeypress オンキープレス テキストボックス上でキーを押して離した際に実行するJavaScriptメソッドを設定する 任意値
onChange オンチェンジ テキストボックス内容が変更されてフォーカスが外れた際に実行するJavaScriptメソッドを設定する 任意値
bean ビーン ビーンオブジェクトを設定する。 bean
呼び出し実装例
    
    <LaBee:textbox 
        name="loginEmail" 
        value="${bean.loginAccContext.email}" 
        bean="${bean}" 
        maxlength="128" 
        imeMode="disabled" 
        style="width:300px;" 
        autoComp="false"/>
    
LaBee:password
HTMLのパスワードテキストボックスを生成するカスタムタグ。ビーンのパラメータ入力チェックエラー機能に対応し
入力エラーの場合は枠線が赤く表示される等の機能を持つ。
パラメータ名 論理名 必須 概要 設定例
name テキストボックス名 HTMLテキストボックスのnameと同等 任意値
value テキストボックス値 HTMLテキストボックスのvalueと同等 任意値
objId オブジェクトID HTMLテキストボックスのidと同等 任意値
size テキストボックスサイズ HTMLテキストボックスのsizeと同等 任意値
maxlength 最大入力数 HTMLテキストボックスのmaxlengthと同等 任意値
styleClass スタイルシートクラス テキストボックスに適用するスタイルシートクラスを設定する。半角空白を挟み複数記載可。 任意値
style スタイルシート直接設定 HTMLテキストボックスのstyleに指定する値と同等 任意値
tabIndex タブインデックス HTMLテキストボックスのtabIndexと同等 任意値
autoComp オートコンプ テキストボックスに過去に入力した値のバッファ選択の有効・無効のフラグ。true=有効、false=無効 true
desabled 非活性 テキストボックスの非活性フラグ。true=非活性 true
bean ビーン ビーンオブジェクトを設定する。 bean
呼び出し実装例
    
    <LaBee:password 
        name="loginPasswd" 
        value="" 
        objId="loginPasswd" 
        bean="${bean}" 
        maxlength="20" 
        style="width:160px;"
        autoComp="false"/>
    
LaBee:textarea
HTMLのテキストエリアを生成するカスタムタグ。ビーンのパラメータ入力チェックエラー機能に対応し
入力エラーの場合は枠線が赤く表示される等の機能を持つ。
パラメータ名 論理名 必須 概要 設定例
name テキストエリア名 HTMLテキストエリアのnameと同等 任意値
value テキストエリア値 HTMLテキストエリアのvalueと同等 任意値
objId オブジェクトID HTMLテキストエリアのidと同等 任意値
cols テキストエリア横文字数 HTMLテキストエリアのcolsと同等 任意値
rows テキストエリア縦文字数 HTMLテキストエリアのrowsと同等 任意値
styleClass スタイルシートクラス テキストエリアに適用するスタイルシートクラスを設定する。半角空白を挟み複数記載可。 任意値
style スタイルシート直接設定 HTMLテキストエリアのstyleに指定する値と同等 任意値
tabIndex タブインデックス HTMLテキストエリアのtabIndexと同等 任意値
nullValue null時の値 テキストエリアのvalue値がnullの際に表示する値。デフォルトで空文字が設定。 任意値
imeMode 入力IMEモード 入力IMEモードの有効・無効フラグ。disabledの場合は半角入力 disabled
desabled 非活性 テキストエリアの非活性フラグ。true=非活性 true
onClick オンクリック テキストエリアをクリックした際に実行するJavaScriptメソッドを設定する 任意値
onKeydown オンキーダウン テキストエリア上でキーを押した際に実行するJavaScriptメソッドを設定する 任意値
onKeypress オンキープレス テキストエリア上でキーを押して離した際に実行するJavaScriptメソッドを設定する 任意値
onChange オンチェンジ テキストエリア内容が変更されてフォーカスが外れた際に実行するJavaScriptメソッドを設定する 任意値
bean ビーン ビーンオブジェクトを設定する。 bean
呼び出し実装例
    
    <LaBee:textarea 
        name="textContents" 
        value="${bean.textContents}" 
        bean="${bean}" 
        style="width:690px; height:340px;"/>
    
LaBee:selectbox
HTMLのセレクトボックスを生成するカスタムタグ。DivisionDefine.csvで定義した区分グループ値を選択項目に設定したり、
選択支の中の選択値を指定する等の機能を持つ。
パラメータ名 論理名 必須 概要 設定例
name セレクトボックス名 HTMLセレクトボックスのnameと同等 任意値
divId 区分値ID DivisionDefine.csvで定義した区分値IDを指定する。指定した区分値IDグループがセレクトボックスの選択支に設定される。 任意値
valueMap セレクトボックス内容マップ セレクトボックスの選択支内容をMap<String, String>形式のオブジェクトで定義する。mapのkeyがセレクトボックスのvalueに設定され、 mapのvalueがセレクトボックス表示値に適用される。divIdが指定されている場合はvalueMap設定値は無視される。 任意値
checkValue 選択チェック値 セレクトボックス選択支value値の中でこの値と同じ値の場合に選択済みに設定される。 任意値
objId オブジェクトID HTMLセレクトボックスのidと同等 任意値
styleClass スタイルシートクラス セレクトボックスに適用するスタイルシートクラスを設定する。半角空白を挟み複数記載可。 任意値
style スタイルシート直接設定 HTMLセレクトボックスのstyleに指定する値と同等 任意値
tabIndex タブインデックス HTMLセレクトボックスのtabIndexと同等 任意値
desabled 非活性 セレクトボックスの非活性フラグ。true=非活性 true
onClick オンクリック セレクトボックスをクリックした際に実行するJavaScriptメソッドを設定する 任意値
onChange オンチェンジ セレクトボックスの選択支を変更した際に実行するJavaScriptメソッドを設定する 任意値
blankFlg ブランクフラグ セレクトボックス選択支の先頭に未指定行を追加する。value値は-1、表示値は--------に設定される。 任意値
localeCd 言語ロケールコード 2文字の言語ロケールコードを設定する。divIdを設定した場合にDivisionDefine.csvで定義した区分の表示言語を切り替える事が出来る。 ja
呼び出し実装例
    
    <LaBee:selectbox
        name="todohfuken" 
        divId="TODOHFUKEN"
        checkValue="${bean.todohfuken}" />
    
LaBee:checkbox
HTMLのチェックボックスを生成するカスタムタグ。DivisionDefine.csvで定義した区分値を選択項目に設定したり、
チェックボックスのチェック選択済み状態の復元等の機能を持つ。
パラメータ名 論理名 必須 概要 設定例
name チェックボックス名 HTMLチェックボックスのnameと同等 任意値
value チェックボックス固有値 チェックボックスが個別に持つ値 任意値
checkValue 選択チェック値 チェックボックス固有値value値がこの値と同じ値の場合にチェック選択済みに設定される。 任意値
checkValues 複数選択チェック値 ArrayList<String>形式のリストオブジェクトを指定する。 チェックボックス固有値value値がこのリスト内に同じ値が含まれる場合にチェック選択済みに設定される。 任意値
divId 区分値ID DivisionDefine.csvで定義した区分値IDを指定する。 任意値
divItemNo 区分アイテムNo DivisionDefine.csvで定義した区分値ID内のデータ内の区分アイテムNoを指定する。区分値IDと区分アイテムNoはセットで設定する 必要がある。 任意値
objId オブジェクトID HTMLチェックボックスのidと同等 任意値
styleClass スタイルシートクラス チェックボックスに適用するスタイルシートクラスを設定する。半角空白を挟み複数記載可。 任意値
style スタイルシート直接設定 HTMLチェックボックスのstyleに指定する値と同等 任意値
tabIndex タブインデックス HTMLチェックボックスのtabIndexと同等 任意値
desabled 非活性 チェックボックスの非活性フラグ。true=非活性 true
onClick オンクリック チェックボックスをクリックした際に実行するJavaScriptメソッドを設定する 任意値
onChange オンチェンジ チェックボックスの選択支を変更した際に実行するJavaScriptメソッドを設定する 任意値
viewName チェックボックス表示名 viewNameを設定するとチェックボックスの横にこのラベルが表示される。objIdを設定する事でラベルをクリックした際に チェックボックスの選択状態を変更する事が出来る。 任意値
localeCd 言語ロケールコード 2文字の言語ロケールコードを設定する。divIdを設定した場合にDivisionDefine.csvで定義した区分の表示言語を切り替える事が出来る。 ja
呼び出し実装例
    
    <LaBee:checkbox
        name="todohfuken"
        divId="TODOHFUKEN"
        divItemNo="1"
        checkValue="${bean.todohfuken}" />
    
LaBee:radio
HTMLのラジオボタンを生成するカスタムタグ。DivisionDefine.csvで定義した区分値を選択項目に設定したり、
ラジオボタンの選択済み状態の復元等の機能を持つ。
パラメータ名 論理名 必須 概要 設定例
name ラジオボタン名 HTMLラジオボタンのnameと同等 任意値
value ラジオボタン固有値 ラジオボタンが個別に持つ値 任意値
checkValue 選択チェック値 ラジオボタン固有値value値がこの値と同じ値の場合にチェック選択済みに設定される。 任意値
divId 区分値ID DivisionDefine.csvで定義した区分値IDを指定する。 任意値
divItemNo 区分アイテムNo DivisionDefine.csvで定義した区分値ID内のデータ内の区分アイテムNoを指定する。区分値IDと区分アイテムNoはセットで設定する 必要がある。 任意値
objId オブジェクトID HTMLラジオボタンのidと同等 任意値
styleClass スタイルシートクラス ラジオボタンに適用するスタイルシートクラスを設定する。半角空白を挟み複数記載可。 任意値
style スタイルシート直接設定 HTMLラジオボタンのstyleに指定する値と同等 任意値
tabIndex タブインデックス HTMLラジオボタンのtabIndexと同等 任意値
desabled 非活性 ラジオボタンの非活性フラグ。true=非活性 true
onClick オンクリック ラジオボタンをクリックした際に実行するJavaScriptメソッドを設定する 任意値
onChange オンチェンジ ラジオボタンの選択支を変更した際に実行するJavaScriptメソッドを設定する 任意値
viewName ラジオボタン表示名 viewNameを設定するとラジオボタンの横にこのラベルが表示される。objIdを設定する事でラベルをクリックした際に ラジオボタンの選択状態を変更する事が出来る。 任意値
localeCd 言語ロケールコード 2文字の言語ロケールコードを設定する。divIdを設定した場合にDivisionDefine.csvで定義した区分の表示言語を切り替える事が出来る。 ja
呼び出し実装例
    
    <LaBee:radio
        name="todohfuken"
        divId="TODOHFUKEN"
        divItemNo="1"
        checkValue="${bean.todohfuken}" />
    
LaBee:submitButton
LaBeeFrameworkビジネスロジックのイベント処理の呼び出しサブミットボタンを生成する。
パラメータ設定によりサブミットする前に 確認ダイアログを表示し、イベント実行の選択を行なう事も出来る。
パラメータ名 論理名 必須 概要 設定例
target ターゲット 実行するビジネスロジックを特定する値。LaBeeFramework.propertiesのビジネスロジック格納パッケージ BLOGIC_PACKAGE項目で設定したパス配下からの、パッケージ階層 + "." + 画面IDになります。
例としてlabee.homepage.blogic.web.SampleBlogicというビジネスロジッククラスの場合で target設定値はweb.Sampleとなります。
web.Sample
execute 実行処理名 指定したビジネスロジック内のイベント処理メソッド名を指定します。未指定の場合はデフォルトでstartメソッドが実行されます。 start
param1 起動引数1 イベント処理メソッドへ渡す任意パラメータ引数です。 任意値
param2 起動引数2 イベント処理メソッドへ渡す任意パラメータ引数です。 任意値
param3 起動引数3 イベント処理メソッドへ渡す任意パラメータ引数です。 任意値
formName フォーム名 サブミットする際のHTML FORM名を設定します。 mainForm
value ボタン表示名 ボタン内部に表示される文言を設定します。 任意値
name ボタン名 HTMLボタンのnameと同等 任意値
type ボタンタイプ HTMLボタンのtypeと同等。LaBeeFramerowkでは"button"のみ対応しています。(未指定でbuttonに設定) 他の属性に設定した場合は誤動作のおそれがあります。 button
objId オブジェクトID HTMLボタンのidと同等 任意値
styleClass スタイルシートクラス ボタンに適用するスタイルシートクラスを設定する。半角空白を挟み複数記載可。 任意値
style スタイルシート直接設定 HTMLボタンのstyleに指定する値と同等 任意値
tabIndex タブインデックス HTMLボタンのtabIndexと同等 任意値
desabled 非活性 ボタンの非活性フラグ。true=非活性 true
onClick オンクリック ボタンをクリックした際に実行する追加JavaScriptメソッドを設定する。 (注意)ボタン押下時にビジネスロジックイベント呼び出しをサブミットするので 設定したメソッド処理が適切に呼ばれない可能性があります。 任意値
confirmFlg 確認ダイアログ表示フラグ 値をtrueに設定した場合はボタン押下時に確認ダイアログが表示されます。 false
confirmMsg 確認ダイアログ表示メッセージ 確認ダイアログ表示フラグがtrueの際に、確認ダイアログ内に表示するメッセージ文言を設定します。 任意値
confirmLabelCd 確認ダイアログラベルコード 確認ダイアログ内に表示するメッセージをラベル定義から設定する。 WordLabelDefine.csvで定義したラベルコード。確認ダイアログラベルコードと確認ダイアログワードラベル区分はセットで設定する必要がある。 確認ダイアログ表示メッセージのパラメータを設定した場合は当設定は無視される。 任意値
confirmLabelDiv 確認ダイアログラベル区分 確認ダイアログ内に表示するメッセージをラベル定義から設定する。 WordLabelDefine.csvで定義したラベル区分。確認ダイアログラベルコードと確認ダイアログワードラベル区分はセットで設定する必要がある。 確認ダイアログ表示メッセージのパラメータを設定した場合は当設定は無視される。 任意値
buttonLabelCd ボタン表示ラベルコード ボタン内に表示する文言をラベル定義から設定する。 WordLabelDefine.csvで定義したラベル区分を設定。 ボタン表示ラベルコードとボタン表示ラベル区分はセットで設定する必要がある。 ボタン表示名のパラメータを設定した場合は当設定は無視される。 任意値
buttonLabelDiv ボタン表示ラベル区分 ボタン内に表示する文言をラベル定義から設定する。 WordLabelDefine.csvで定義したラベル区分。ボタン表示ラベルコードとボタン表示ラベル区分はセットで設定する必要がある。 ボタン表示名のパラメータを設定した場合は当設定は無視される。 任意値
localeCd 言語ロケールコード 2文字の言語ロケールコードを設定する。ボタン表示名、確認ダイアログメッセージのラベル定義を使用した場合に WordLabelDefine.csvで定義したラベルの表示言語を切り替える事が出来る。 ja
呼び出し実装例
    
    <LaBee:submitButton 
        target="web.Sample"
        execute="start" 
        confirmFlg="true"
        confirmLabelDiv="dialog"
        confirmLabelCd="conf0002" 
        buttonLabelDiv="button"
        buttonLabelCd="btn0005"
        formName="mainForm"/>
    
LaBee:getURL
LaBeeFrameworkビジネスロジックのイベント処理の呼び出すGETパラメータ形式のリンクURLを生成する。
パラメータ名 論理名 必須 概要 設定例
target ターゲット 実行するビジネスロジックを特定する値。LaBeeFramework.propertiesのビジネスロジック格納パッケージ BLOGIC_PACKAGE項目で設定したパス配下からの、パッケージ階層 + "." + 画面IDになります。
例としてlabee.homepage.blogic.web.SampleBlogicというビジネスロジッククラスの場合で target設定値はweb.Sampleとなります。
web.Sample
execute 実行処理名 指定したビジネスロジック内のイベント処理メソッド名を指定します。未指定の場合はデフォルトでstartメソッドが実行されます。 start
param1 起動引数1 イベント処理メソッドへ渡す任意パラメータ引数です。 任意値
param2 起動引数2 イベント処理メソッドへ渡す任意パラメータ引数です。 任意値
param3 起動引数3 イベント処理メソッドへ渡す任意パラメータ引数です。 任意値
sslFlg SSLフラグ 値をtrueに設定した場合はLaBeeFramework.propertiesのhttpsパス、 httpsポートで設定したスキーマのURLに設定します。 true
requestScope リクエスト情報 タグ処理で必要とする情報。固定でrequestScope="${requestScope}"を設定する。 requestScope="${requestScope}"
呼び出し実装例
    
    <a href="<LaBee:getURL 
        requestScope="${requestScope}" 
        target="web.Sample"
        execute="start"/>">
        サンプルリンク            
    </a>
    
LaBee:postSubmit
LaBeeFrameworkビジネスロジックのイベント処理の呼び出すPOST形式サブミットのJavaScriptメソッド呼び出しを生成する。
パラメータ設定によりサブミットする前に 確認ダイアログを表示し、イベント実行の選択を行なう事も出来る。
パラメータ名 論理名 必須 概要 設定例
target ターゲット 実行するビジネスロジックを特定する値。LaBeeFramework.propertiesのビジネスロジック格納パッケージ BLOGIC_PACKAGE項目で設定したパス配下からの、パッケージ階層 + "." + 画面IDになります。
例としてlabee.homepage.blogic.web.SampleBlogicというビジネスロジッククラスの場合で target設定値はweb.Sampleとなります。
web.Sample
execute 実行処理名 指定したビジネスロジック内のイベント処理メソッド名を指定します。未指定の場合はデフォルトでstartメソッドが実行されます。 start
param1 起動引数1 イベント処理メソッドへ渡す任意パラメータ引数です。 任意値
param2 起動引数2 イベント処理メソッドへ渡す任意パラメータ引数です。 任意値
param3 起動引数3 イベント処理メソッドへ渡す任意パラメータ引数です。 任意値
formName フォーム名 サブミットする際のHTML FORM名を設定します。 mainForm
confirmFlg 確認ダイアログ表示フラグ 値をtrueに設定した場合はサブミット前に確認ダイアログが表示されます。 false
confirmMsg 確認ダイアログ表示メッセージ 確認ダイアログ表示フラグがtrueの際に、確認ダイアログ内に表示するメッセージ文言を設定します。 任意値
confirmLabelCd 確認ダイアログラベルコード 確認ダイアログ内に表示するメッセージをラベル定義から設定する。 WordLabelDefine.csvで定義したラベルコード。確認ダイアログラベルコードと確認ダイアログワードラベル区分はセットで設定する必要がある。 確認ダイアログ表示メッセージのパラメータを設定した場合は当設定は無視される。 任意値
labelDiv 確認ダイアログラベル区分 確認ダイアログ内に表示するメッセージをラベル定義から設定する。 WordLabelDefine.csvで定義したラベル区分。確認ダイアログラベルコードと確認ダイアログワードラベル区分はセットで設定する必要がある。 確認ダイアログ表示メッセージのパラメータを設定した場合は当設定は無視される。 任意値
localeCd 言語ロケールコード 2文字の言語ロケールコードを設定する。ボタン表示名、確認ダイアログメッセージのラベル定義を使用した場合に WordLabelDefine.csvで定義したラベルの表示言語を切り替える事が出来る。 ja
呼び出し実装例
    
    <a href="javascript:<LaBee:postSubmit 
        requestScope="${requestScope}" 
        target="web.Sample"
        execute="start"
        formName="mainForm"/>">
        サンプルリンク            
    </a>
    
LaBee:postMultiPartSubmit
マルチパート形式でLaBeeFrameworkビジネスロジックのイベント処理の呼び出すPOST形式サブミットのJavaScriptメソッド呼び出しを生成する。
ファイルアップロードを行なう際に使用する。
パラメータ名 論理名 必須 概要 設定例
target ターゲット 実行するビジネスロジックを特定する値。LaBeeFramework.propertiesのビジネスロジック格納パッケージ BLOGIC_PACKAGE項目で設定したパス配下からの、パッケージ階層 + "." + 画面IDになります。
例としてlabee.homepage.blogic.web.SampleBlogicというビジネスロジッククラスの場合で target設定値はweb.Sampleとなります。
web.Sample
execute 実行処理名 指定したビジネスロジック内のイベント処理メソッド名を指定します。未指定の場合はデフォルトでstartメソッドが実行されます。 start
param1 起動引数1 イベント処理メソッドへ渡す任意パラメータ引数です。 任意値
param2 起動引数2 イベント処理メソッドへ渡す任意パラメータ引数です。 任意値
param3 起動引数3 イベント処理メソッドへ渡す任意パラメータ引数です。 任意値
formName フォーム名 サブミットする際のHTML FORM名を設定します。 mainForm
呼び出し実装例
    
        <button type="button"
            onClick="<LaBee:postMultiPartSubmit
            target="web.Sample"
            execute="upload" 
            formName="mainForm"/>">
            ファイル送信
         </button>  
    
LaBee:ajaxSubmit
LaBeeFrameworkビジネスロジックのイベント処理をAjaxで非同期POST送信し、レスポンス受信時に任意のJavaScriptメソッドを実行する。
JavaScriptメソッドを指定していない場合はデフォルトでHTML画面オブジェクトの動的書き換え処理メソッドが実行される。
パラメータ名 論理名 必須 概要 設定例
target ターゲット 実行するビジネスロジックを特定する値。LaBeeFramework.propertiesのビジネスロジック格納パッケージ BLOGIC_PACKAGE項目で設定したパス配下からの、パッケージ階層 + "." + 画面IDになります。
例としてlabee.homepage.blogic.web.SampleBlogicというビジネスロジッククラスの場合で target設定値はweb.Sampleとなります。
web.Sample
execute 実行処理名 指定したビジネスロジック内のイベント処理メソッド名を指定します。未指定の場合はデフォルトでstartメソッドが実行されます。 start
param1 起動引数1 イベント処理メソッドへ渡す任意パラメータ引数です。 任意値
param2 起動引数2 イベント処理メソッドへ渡す任意パラメータ引数です。 任意値
param3 起動引数3 イベント処理メソッドへ渡す任意パラメータ引数です。 任意値
formName フォーム名 サブミットする際のHTML FORM名を設定します。 mainForm
retExecFunc 実行JavaScriptメソッド 非同期レスポンス返却時に実行するJavaScriptメソッドを設定する、メソッドに引数は使えません。当パラメータを設定しない場合は デフォルトでレスポンスにJSONを受け、HTML画面内のオブジェクト内容を動的に書き換えるメソッドが実行されます。 この場合は呼び出し先ターゲットのイベント処理の戻り値に指定JSON書式を返却する必要があります。
返却時JSON書式
       [
         {
            "objId":"対象オブジェクトID", 
            "value":"設定値"
          }
       ]
                
対象IDのオブジェクト型により書き換え内容が変わります。
テキストボックスの場合 = テキストボックスvalue値を設定値に書き換えます
INPUTタグの場合 = INPUTのvalue値を設定値に書き換えます
セレクトボックスの場合 = 設定値が選択支に合致する項目が選択される
DIVタグの場合 = 設定値がそのままDIVの囲み内に適用されます。
任意値
呼び出し実装例
    
    <a href="javascript:<LaBee:ajaxSubmit 
        target="web.Sample"
        execute="start"
        formName="mainForm"/>">
        サンプルAjaxPOST            
    </a>
    
LaBee:jspLink
ScreenDefine.csvで定義した画面IDのJSPをビジネスロジックを介さず直接呼び出すURLリンクを生成する。
呼び出される側のJSPはビーン参照は行なわない作りである事が必要。
パラメータ名 論理名 必須 概要 設定例
screenId 画面ID ScreenDefine.csvで定義した画面ID Sample
linkStr リンク表示文字 URLリンクへの表示文字列を設定する。<a>タグの囲みの中の文字列として出力される。 任意値
addParamStr 任意パラメータ URL末尾に付加するパラメータ文字列。?は不要。aaa=111&bbb=222の様な文字列形式で指定 任意値
sslFlg SSLフラグ 値をtrueに設定した場合はLaBeeFramework.propertiesのhttpsパス、 httpsポートで設定したスキーマのURLに設定します。 true
urlOnly URLのみフラグ 値をtrueに設定した場合はURL文字列のみ出力される。
値をfalseに設定した場合は<a>タグ形式が出力される。
true
requestScope リクエスト情報 タグ処理で必要とする情報。固定でrequestScope="${requestScope}"を設定する。 requestScope="${requestScope}"
呼び出し実装例
    
    <LaBee:jspLink
        screenId="Sample"
        linkStr="JSP LINK"
        requestScope="${requestScope}"/>
    
LaBee:showPopupWindow
モーダルポップアップウインドウを表示する、ポップアップウインドウ内に指定の画面を表示する事が出来る。
ポップアップウインドウには実行ボタン、閉じるボタンが表示され、ボタン押下時のイベント呼び出しも設定可能。
パラメータ名 論理名 必須 概要 設定例
target ターゲット ポップアップウインドウ内で実行するビジネスロジックを特定する値。LaBeeFramework.propertiesのビジネスロジック格納パッケージ BLOGIC_PACKAGE項目で設定したパス配下からの、パッケージ階層 + "." + 画面IDになります。
例としてlabee.homepage.blogic.web.SampleBlogicというビジネスロジッククラスの場合で target設定値はweb.Sampleとなります。
web.Sample
execute 実行処理名 指定したビジネスロジック内のイベント処理メソッド名を指定します。未指定の場合はデフォルトでstartメソッドが実行されます。 start
param1 起動引数1 イベント処理メソッドへ渡す任意パラメータ引数です。 任意値
param2 起動引数2 イベント処理メソッドへ渡す任意パラメータ引数です。 任意値
param3 起動引数3 イベント処理メソッドへ渡す任意パラメータ引数です。 任意値
width 表示領域横幅 ポップアップウインドウの表示領域横幅をピクセル単位で指定する。(注意)実際のポップアップウインドウの大きさはこの設定より 大きくなります。 700
height 表示領域縦幅 ポップアップウインドウの表示領域縦幅をピクセル単位で指定する。(注意)実際のポップアップウインドウの大きさはこの設定より 大きくなります。 500
entryButtonName 実行ボタン表示名 実行ボタンに表示する文言を設定します。当パラメータを設定しない場合はポップアップウインドウにはクローズボタンのみ表示されます。 任意値
closeButtonName クローズボタン表示名 クローズボタンに表示する文言を設定します。 任意値
entryBtnLabelCd 実行ボタンラベルコード 実行ボタンに表示する文言をラベル定義から設定する。 WordLabelDefine.csvで定義したラベルコード。実行ボタンラベルコードとワードラベル区分はセットで設定する必要がある。 実行ボタン表示名のパラメータを設定した場合は当設定は無視される。 任意値
closeBtnLabelCd クローズボタンラベルコード クローズボタンに表示する文言をラベル定義から設定する。 WordLabelDefine.csvで定義したラベルコード。クローズボタンラベルコードとワードラベル区分はセットで設定する必要がある。 クローズボタン表示名のパラメータを設定した場合は当設定は無視される。 任意値
labelDiv ラベル区分 実行ボタンとクローズボタンのラベルコードに適用するラベル区分を設定する。 任意値
localeCd 言語ロケールコード 2文字の言語ロケールコードを設定する。ボタン表示名のラベル定義を使用した場合に WordLabelDefine.csvで定義したラベルの表示言語を切り替える事が出来る。 ja
nextTarget 実行ボタンターゲット ポップアップの実行ボタンを押下した際に実行するビジネスロジックを特定する値。LaBeeFramework.propertiesのビジネスロジック格納パッケージ BLOGIC_PACKAGE項目で設定したパス配下からの、パッケージ階層 + "." + 画面IDになります。
例としてlabee.homepage.blogic.web.SampleBlogicというビジネスロジッククラスの場合で target設定値はweb.Sampleとなります。
web.Next
nextExecute 実行処理名 ポップアップの実行ボタンを押下した際に実行するビジネスロジック内のイベント処理メソッド名を指定します。未指定の場合はデフォルトでstartメソッドが実行されます。 start
nextParam1 実行ボタン起動引数1 ポップアップの実行ボタンを押下した際に実行するビジネスロジック内のイベント処理メソッドへ渡す任意パラメータ引数です。 実行ボタン任意値
nextParam2 実行ボタン起動引数2 ポップアップの実行ボタンを押下した際に実行するビジネスロジック内のイベント処理メソッドへ渡す任意パラメータ引数です。 実行ボタン任意値
nextParam3 実行ボタン起動引数3 ポップアップの実行ボタンを押下した際に実行するビジネスロジック内のイベント処理メソッドへ渡す任意パラメータ引数です。 実行ボタン任意値
requestScope リクエスト情報 タグ処理で必要とする情報。固定でrequestScope="${requestScope}"を設定する。 requestScope="${requestScope}"
呼び出し実装例
    
     <button type="button"
         onClick="<LaBee:showPopupWindow
             target="web.Popup"
             execute="start"
             width="700"
             height="500"
             nextForm="mainForm"
             nextTarget="web.Popup"
            nextExecute="confirm"
            entryBtnLabelCd="btn0001"
            closeBtnLabelCd="btn0002"
            labelDiv="button"
            requestScope="${requestScope}"
         />">
         ポップアップ表示
     </button>
    
LaBee:message
MessageDefine.csvで定義したメッセージコードのメッセージ文言を出力する。
言語ロケールを変更する事で表示言語を切り替える事が可能。
パラメータ名 論理名 必須 概要 設定例
msgCd メッセージコード MessageDefine.csvで定義したメッセージコード 任意値
repWd1 置換え文字1 MessageDefine.csvで定義したメッセージの置き換え文字定義部を設定文字に置き換える。 任意値
repWd2 置換え文字2 MessageDefine.csvで定義したメッセージの置き換え文字定義部を設定文字に置き換える。 任意値
repWd3 置換え文字3 MessageDefine.csvで定義したメッセージの置き換え文字定義部を設定文字に置き換える。 任意値
localeCd 言語ロケールコード 2文字の言語ロケールコードを設定する。 MessageDefine.csvで定義したメッセージの表示言語を切り替える事が出来る。 ja
呼び出し実装例
    
    <LaBee:message msgCd="MSG_001"/>
    
LaBee:label
WordLabelDefine.csvで定義したラベルの短文言を出力する。
言語ロケールを変更する事で表示言語を切り替える事が可能。
パラメータ名 論理名 必須 概要 設定例
labelCd ラベルコード WordLabelDefine.csvで定義したラベルコード 任意値
labelDiv ラベル区分 WordLabelDefine.csvで定義したラベル区分 任意値
localeCd 言語ロケールコード 2文字の言語ロケールコードを設定する。 MessageDefine.csvで定義したラベル表示言語を切り替える事が出来る。 ja
呼び出し実装例
    
    <LaBee:label labelCd="LB_001" labelDiv="info"/>
    
LaBee:inputErrMsg
LaBeeFramwrorkのパラメータ入力チェック機能の入力エラー時にビーンに格納されたメッセージ内容を DIVに設定して出力する。
パラメータ名 論理名 必須 概要 設定例
paramName パラメータ名 ビーンクラス内の入力チェック対象のパラメータ名 任意値
objId オブジェクトID DIVのidと同等 任意値
styleClass スタイルシートクラス DIVに適用するスタイルシートクラスを設定する。半角空白を挟み複数記載可。 任意値
style スタイルシート直接設定 DIVのstyleに指定する値と同等 任意値
onClick オンクリック DIVをクリックした際に実行するJavaScriptメソッドを設定する 任意値
bean ビーン ビーンオブジェクトを設定する。 bean
呼び出し実装例
    
    <LaBee:inputErrMsg paramName="myName" bean="${bean}"/>
    
LaBee:header
LaBeeFramwrorkをJSPで使用する為のヘッダーを設定する。
パラメータ名 論理名 必須 概要 設定例
requestScope リクエスト情報 タグ処理で必要とする情報。固定でrequestScope="${requestScope}"を設定する。 requestScope="${requestScope}"
呼び出し実装例
    
    <LaBee:header requestScope="${requestScope}"/>
    
ドキュメントトップに戻る
Copyright ARTS Laboratory. All rights reserved.